生きてるだけで精一杯な毎日なんですが、ダメですか?


by bluecat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

毎週けっこう楽しく視聴している、今年の大河、「功名が辻」ですが、
次回、一豊は浮気をしてしまふようです・・・これだから男は・・・ぶつぶつ。

で、自身の浮気度についてチェックしてみましょう。

結果発表!!
[PR]
by bluecat | 2006-02-28 11:18 | 人つれづれ
脳梗塞後のネコ介護生活、昨日で一週間が経ちましたが、わずか一週間の間に、
サンシロウは驚異的な回復をみせておりまする。

食欲がものすごい出てきて、自分で食べるくらいになってきたのですが、
お水を飲めないのです~
一昨日の昼間は仕事休んで、私が介護していたのですが、
スポイトでブドウ糖のお水を飲ますのがタイヘンでした!

倒れる前はお水がダイスキなネコだったのに、いまやお水はイヤイヤして
ほんと、困ってしまいます。

だいぶ正気が戻ってきたみたいで、名前を呼ぶと返事するし、
寄って来るし、毛づくろいもしはじめていたし、ゴロゴロ喉を鳴らすようにもなりました!
トイレだって、オムツしたままですが、ちゃんと自分のトイレでやるのです。

ただ、自分で横になったり、座ったりができないようです。
起き上がって歩くことはできてもね。


・・・と思っていたのですが、今朝、おしっこをしていたオムツを外した後、
しばらくオムツなしでいたら、どうやら、ちゃんとお座りできるようなんですよ!!!

オムツがジャマで座りにくかったのかも?!

徘徊して角にアタマを突っ込んだまま、という奇怪な行動もなくなりましたしね、
これはひょっとして、ひょっとして・・・・!!!
[PR]
by bluecat | 2006-02-25 12:39 | 日常つれづれ

今日はネコの日。

2月22日は「ニャン・ニャン・ニャン」でネコの日です。

(ketaさんすみません、竹島の日でもありました・・・
私もこれでも、憂国の日本人です(-_-)/~~~ピシー!ピシー!)


昨夜、テレビでななななんと!15キロもあるネコちゃんが紹介されてました・・・。
お肉がダイスキで、一日に3キロをたいらげるとか・・・(ーー;)
もう、安田大サーカスのヒロがネコになったのかと思いましたよ・・・。
ウチのネコの約5倍ですよ、5倍!!!
サンシロウは入院時に3.2キロだったそうなので、
今はもっと減ってちょうど3キロくらいだから。

自分でゴハンが食べられないのがつらい・・・。
あんなにダイスキだった、ネコ缶の缶詰も、口元に持っていっても
「??????」
とワケが判らないようす。
よく食べてた、鰹節もニオイだけはかぐものの、食べてくれない。
結局、口元に指で押し付けて食べさせるしかないのです(>_<)


あの巨漢ネコ、どこか悪くないのかしら・・・。
[PR]
by bluecat | 2006-02-22 13:35 | 世相つれづれ
つい先日、ご近所において、日本代表の試合と、
ジュビロ磐田のプレシーズンマッチと、
立て続けにサッカーの試合が行われたので、感想をば。


久しぶりに静岡スタジアムエコパに日本代表が戻ってきました。
W杯イヤー国内初戦ということもあり、土曜日の週末開催でもあったので、
4万人以上が入ったようです。
今の時期、エコパは冬芝がキレイになってくる頃。
鮮やかなブルーグラスが見事でした。


さてさて、モンダイの試合のほうはと言いますと・・・。

一言、「フィンランドは仮想オーストラリア、クロアチアとはいえ、
背が高いというところだけが同じじゃ・・・」

あんなに寄せが遅いわけないですからね、クロアチアもオーストラリアも・・・。
日本代表がボールを支配して廻せてましたけど、
あんなこと本番ではできるわけないと思われ。

ただ、感心したのはいくつかあったので記しておきます。

・小野はやっぱり視野が広いなぁ。
・久保は点を取れるFWだ(高原はいらないかも・・・ドイツ親善大使として必要?)。
・スタメン抜擢の村井はよくがんばったな(サントスはほんとにいらないかも)。
・小笠原は動くとすごいと思う(いつもは省エネ?)。


一方、静岡ダービーとなったプレシーズンマッチのほうはといいますと・・・。

飯田産業の胸ロゴ、初お披露目!

・・・・・・・・・・・・・。

ま、今のジュビロには似合うのかも。


試合は完全に清水ペース。
日本代表組が抜けていたとはいえ、どうもボールを奪われる機会が多すぎ。

期待は新外国人、ファブリシオ(ファビオ)かなぁ。
顔もイケメンだし、1対1にやっぱり強い。効いてた。

新10番となった成岡はなぜスタメンではないのか・・・またケガ?

若手とベテランが融合しそうな清水にもう少しでまけそうだったよ。
清水は期待ができそうなのに、
磐田はちっとも期待ができない。
若手がハツラツとしてないのは、な~ぜ~?!
[PR]
by bluecat | 2006-02-21 12:18 | サッカーつれづれ

歩き回る老ネコ。

ネコ介護生活5日目のbluecatです。


さて、ウチのネコですが、獣医さんの話によるとやはり脳梗塞をおこしてしまったようです。
原因はいろいろあるかと思いますが、
今シーズンは16年間生きてきた中で一番寒い冬を過ごしたため、
老ネコにはたいそう堪えたのかなと思いました。
ウチはかなり寒い家なのですが、
嘔吐をよくしていたので、今冬はコタツ布団を出さなかったのです。
それが、ネコには辛かったのかもしれません。
電気行火を入れた、ネコベットを置くようにしていたのですが、
それでもやっぱりコタツのほうが良かったのかな・・・反省しきりです。

ネコはあいかわらずアタマはボケてしまったままですが、
カラダは回復してきたらしく、ふらつきながらも歩行しはじめています。
なぜか障害物を避けることなくただひたすら行き止まりまで歩くのです。
行き止まりはたいてい、部屋の隅。
部屋の隅に顔を押し付けたまま、しばらく動かなくなるのです(?)。

その様子はさながらボケ老人の徘徊ですが、日を追うごとに足取りは戻りつつあります。
トイレと食事が自分でできないのが、以前とは変わってしまったことです。
ただ、前より人にだっこされるのがスキになったみたいで、
だっこしてあげるとものすごくおとなしいのです。
エサもお水もお薬も、だっこしてあげられるようになりました。
(なかなか食べてくれないけど(ーー;))

またいつ発作が起きて、倒れるか判りませんが、
生きてる限りはかわいがってあげようと思います。
[PR]
by bluecat | 2006-02-21 08:48 | 日常つれづれ
介護といっても、老ネコのね(>_<)

うちのサンシロウは、入院二日目は自分から食事ができたものの、
三日目は食べなくなり、そしたら四日目は口元に指で持っていくと食べるようになって、
昨日とりあえずの退院となりました。

昼間は元気なく、砂糖水だけはスポイトで飲んでくれましたが、
食事はちっとも食べません。

目は常に半開きのまま、横たわっています。
しっぽや足はそれぞれは動きます。
ニャーニャーと啼きはしますが、感情がこもっていません。


容態としては、脳梗塞を患ったあとの後遺症を
想像していただけると、近いかもしれません。
おそらく、高齢だったサンシロウは、脳梗塞みたいな病気を
嘔吐後に引き起こしたのでしょう。


夜になって、鳴き声が大きくなって起き上がったので、
寝床の箱から出たいのかな?と思ったら、
どうやらトイレに行きたかったみたいで・・・。
でも。後ろ足が立たないので、自力でトイレまで行くことができないのです。
その場でしてしまうしかないのが、本人も啼いて啼いて辛そうで・・・。

そんなサンシロウをみていると、あのまま逝かせてしまったほうが、
幸せだったのではないか、とも思えてきたり、
いや、いちおう命助かっているのだから、最期まで面倒見てあげないと!
と思い返したり、その自問自答の繰り返しです。
まだ、小さいカラダのネコなので、世話もしやすいほうかもしれません。
大型犬や、人間の介護をしている方はほんとうにタイヘンだと思いました。
[PR]
by bluecat | 2006-02-18 11:37 | 日常つれづれ

喜びもつかの間・・・

昨日は驚異的に回復して見せた、
うちの飼い猫サンシロウですが、
今日になって、食欲がなくなってきたとのしらせが・・・。

昨日はあんなにむさぼるように食べてたのに、なぜ?!

父と母が様子を見に行くようですが、
センセイ曰く、「もうダメかも」とのこと・・・。

てっきり、これから回復していくものとばかり思っていたのに・・・。

これ以上やっても治りそうもないから、
予定より早く退院するかもしれません。
家で最期を迎えるのかな・・・。
[PR]
by bluecat | 2006-02-15 16:00 | 日常つれづれ

エサを食べたよ!!

昨日、緊急入院した我が家のクロネコ。
もし息を引き取ったら、連絡をくれることになっていましたが、
お昼近くになってもいまだ電話が来ないので、
母と二人で様子を見に行きました。

保育器みたいな中に点滴を打ちながら静かに横たわっているサンシロウ。
瞳孔は大きくなったり小さくなったり・・・。

痙攣をおこしたのは、急激に低血糖に陥った所為だとのこと。
血糖値がものすごく低く、点滴はブドウ糖を投与していました。

あと、血液検査によると、肝臓が悪いことが判明。
よく、嘔吐していたのはこのためでしょうか?
腎臓は悪かったのは、老ネコゆえいたし方がないと思っていたのですが。

その後、再度病院より連絡があり、少し顔を持ち上げるようになった、とのことで、
父と母が会いに行くと、か弱い声で「ニャー」と少し、鳴いたというのです!
私も仕事帰りにもういちど寄ってサンシロウに会いました。
そのころには、寝返りも自分で打っていたようで、体勢が変わっていました。
私が
「サンちゃん」
と声をかけると、か細い声で三度ほど、ニャーを鳴きました。
カラダをなでると、元気だった頃のように温かくなっていました。
小さな体で必死で生きようとしている姿にもう、
涙が溢れてとまりませんでした。

そして今朝・・・!
[PR]
by bluecat | 2006-02-14 12:52 | 日常つれづれ

十中八九・・・

我が家の黒猫が今朝の早朝より瀕死の状態におちいり、
十中八九もうダメだと獣医の先生に告げられてしまいました・・・。

昨日まではほんとうに普通に、おしゃべりしたり、寝たり、お水を飲んだり、お外に出たり、
元気にしていたのに・・・
今朝早くに大量に嘔吐しましたが、たまにしてしまうので、
それほど気にしていなかったのですが、
今日は様子がおかしく、嘔吐した後、ネコベッドに自分で入ってから、
痙攣をしながら時々「ギャッ」と叫ぶようになってしまったのです。
そのうち、痙攣もときおりピクピクする程度になってしまい、
カラダもどんどん冷えていくので、これはおかしいということになり、
朝早いので診てもらえないかと思ったのですが、
かかりつけの獣医さんに電話したところ、
みてくれるというので父と母が連れて行きました。

心臓マッサージしたり、蘇生を施したのですが、
なにぶん体温が32度にまで落ちてしまい、
もうダメだろうとのこと・・・。
脳がやられてしまって、それでへんな叫び声をあげていたようです。

今は動物病院の酸素室で、息を引き取るのを待つばかりになってしまいました。
もう16歳だったので、よく生きたほうでしょうが、
こんなに苦しみながら最期を迎えることになるとは、
可哀想でなりません・・・。
[PR]
by bluecat | 2006-02-13 09:57 | 日常つれづれ
性懲りも無く、まだまだ紹介話は続いているのでした(爆)
われながら懲りないねぇ~

私が北海道へ旅行で不在中に、パートのおばさんが無断で自発的に、
紹介を進めてくれていました。

今回は先日、パートのおばさんの妹さんの知り合いの37歳の派遣社員のコを
私の同僚の40男(以前、友人ダンサーを紹介して彼女にこっぴどくフラれた男)
を紹介したものの、男が自分のことを棚にあげ、
「好みじゃない」
「話が合わないから、次に会っても何を話したらいいかわかんない」
などの暴言を私に吐いて断ってきたので、私は男に憤りを感じ、
紹介した女性を気の毒に思ったので、パートのおばさんに、
「次、早いうちに誰か紹介してあげてください、私が居なくても」と
告げて旅立っていたのでした。


パートのおばさんは、果敢にもそのとおり、実行してくれたのでした。
今回は、45歳の、薔薇を育てている農家の男性。
パートのおばさんは都合が悪くて同席できず、
その男性を紹介した、市会議員さんが同席するという運びになったのでした。

この、市会議員さん、余計なことまでしゃべりすぎるので、もしや、と危惧していたら、
案の定、先走りすぎてしまったようす。

女性が、「どんないろの薔薇を育てているんですか?」とたずねたら、
肝心な男性が答えをもたついているものだから、
つい市会議員がしゃべってしまったのでした(>_<)
しかも、女性は他県からこちらに仕事に来ているので、
「こっちの県民にぜひなってください」などと、先走るは先走るは・・・。
紹介された男性は、これまたちっともしゃべれない男だったらしく、
しかも!鼻毛が出ていて、そのうえ、カールまでしていた!!のだとか・・・(女性談)。
やる気、なさすぎです!!!

さらに、紹介してくれた後日のお礼の電話は、
男性の母親からパートのおばさんのところにかかってくるというしまつ・・・。
45歳にもなって、母親頼みですか、こりゃあ結婚はムリだよ、ムリ!

薔薇育ててるなら、それこそ、薔薇の一本や二本、
持って来るのがジョーシキでしょうがぁぁぁぁぁ!

気の毒な彼女には、新たに男性を紹介してあげることにしたのでした、
・・・つづく(いったいいつまで?!)。
[PR]
by bluecat | 2006-02-06 17:06 | 人つれづれ