生きてるだけで精一杯な毎日なんですが、ダメですか?


by bluecat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お役所だって現金手渡し

国家公務員給与、手渡しで1億ムダ…振り込み達成6割

先日コッテリ絞られた税務調査でモンダイになったものの一つに、「給与の現金手渡し」がありました。
ウチはイマドキ珍しく、いまだに現金払いなんですよね~そこを突っ込まれたのです。

お役人様曰く、「本当に本人にいきわたっているかどうかわからない」と。だから振込みにしろとのたもうたのです。

ところがぁぁぁぁぁぁっ!
霞ヶ関のお役人も未だに現金手渡ししてるって記事が出てるぢゃあありませんかぁっo(`Д´)o

はあああ、民間を正すより先にまづ身内をなんとかしたほうがいいんぢゃないですか、○○税務署さん?!

負け犬の遠吠えでした・・・orz
[PR]
by bluecat | 2005-09-26 17:30 | 世相つれづれ

ウェディング・グローブ

妹はネイリストのため、爪には自信があったのですが、残念ながら自分の挙式では、スカルプ(人工爪)は妊娠してしまっているため製作することができません。
スカルプは通常レジンで作るため、ニオイがするので、妊婦さんにはカラダに良くないのです。

別のサロンでジェルネイルをしてもらう、という手があるのですが、このジェルネイル、UVライト照射するだけで固めるという、今主流になりつつあるネイルでニオイも無いので妹には最適!と思いきや、簡単にパリパリと折れてしまうらしいのです。

どうするかは彼女次第ですが、とりあえず、ネイルアートした指を隠さない、フィンガーレスタイプのウェディンググローブを私は買い求め、妹に贈りました。

c0056014_11321295.jpg



今は花嫁さんがネイルするのがアタリマエで、このようなフィンガーレス(指なし)グローブが人気のようです。
[PR]
by bluecat | 2005-09-24 11:32 | 日常つれづれ
壇ノ浦で平家が滅亡し、すっかり視聴意欲を失ってしまったようですが、実はいちおう、壇ノ浦後の放送も二回とも観ております。
しかし、「源平無常」の回は、前半はほとんどいままでのプチ総集編でしたし、後半は義経お得意の動物的勘で、海から引き上げられた平家の女人たちの様子から、生き残った親王を帝と疑う・・・という図式。これがその次の回のテーマなわけで、これがタイトルの「平家最後の秘密」ってことなのでしょうが、これはいかがなものか・・・orzもうドラマの中で帝の取替えは実際にしてしまったのだし、何をいまさらと思いました。

「源平無常」のタイトルも、製作者側としては心情的には「源平無情」にしたかったのかな、とも思いました。世の中は絶えず変わっていく、栄華を極めた平家も滅んで今では見るも無残(宗盛の「総大将は知盛だ」には苦笑しました)、世に常無し、という仏教観をあらわすコトバですので、安易に使ってもらいたくないなと私は思いました。むしろ、「平家最後の秘密」のほうを「源平無常」に置き換えたほうが、スッキリしたかもしれません。


「平家最後の秘密」の回は、平家の秘密よりも、兄の鎌倉殿との溝がますます深まっていく様子のほうがむしろよく描かれていたように思います。
義経の言動はすべて逆効果を生み続けてしまいます。そしてそれを皆肯定してしまう郎党たち・・・。
つくづく思うのは、義経には残念ながら、彼に意見する参謀のような人物が郎党の中に居なかったこと、これが義経が滅ぼされた最大の理由だと思います。
愚鈍な将でも、その人物を慕う優れた参謀が居れば、天下はとれるものです。


ドラマとしては、突っ込むどころか、もうお話としてかなり破綻してきたようです(^_^;)
建礼門院が守貞親王を手元に置いて育てるというのはあまりにも不自然ですし、その乳母である治部卿局(知盛の未亡人)までが出家してしまうという不手際。
迷走「義経」はこのまま走り続け、どこにたどり着くのでしょうか。
[PR]
by bluecat | 2005-09-24 09:47 | 歴史と文学つれづれ

放置?の理由。

9月のはじめにウチの会社に税務署が調査に入り、こってりと絞られまくったため、肉体・精神ともにクタクタになってしまったbluecatでした(>_<)

ようやく、最近になって人心地ついてきたので、ブログを再開しようと思います。

何度か税務調査には遭遇(イヤですねぇ~)していますが、今回のは元査察官だけあって、態度が居丈高で非常にねちっこくやられました。
研修を兼ねてか、同伴してきた女性の税務官がいまして、ヒョロヒョロと背が高く、腰にも胸にも全く肉が無く(つまりガリガリに痩せている)、これはオールドミス(死語)当確ね、なんて思ってたらなんと、ケッコンしていてコドモまでいるとのこと(ーー;)しかも同じくらいの歳だと思ったら、まだ24歳だって・・・。
年齢より老けているのはともかく、コドモまでいて24歳ってことは、コドモはいつ産んで今誰が育てているのだろう?ダンナはいったいナニしてるんだ?とそればかりがアタマでいっぱいになってしまいました。
コドモをいつ産むのか、は私を含め、これからの女性にとっては難しい問題だと思うからです。

こちら田舎では、たとえ10代で産もうが、親が健在、もしくはその上の祖父母まで健在だったりする場合が多く、彼らがコドモの面倒を見てくれています。
でも、都会の夫婦だけの世帯は厳しいと思います。どうしても、施設を利用せざるを得ないでしょうし、それがムリなら女性は仕事を育休しなければならないですから。

今では、産休、育休しても同じ職場に復帰できるようになってきているとは聞きますが、やはりその完備を考えると、公職はいいなぁ、とつくづく思うのです。
税務官の彼女もきっとこの恩恵を受けていることでしょう。

コドモといえば、7月に入籍した妹がなんと先月めでたく懐妊し、ようやく男のほうが重い腰をあげて挙式する運びとなりました。
妹の彼氏、いや今はダンナか・・・は、入籍前からコドモコドモコドモコドモとうるさい男で、そのくせいざ妹が妊娠しても、何を考えているのか、「自分にご褒美をやらなければいけない」などとのたまい、妹にPSXを買ってくれだの、高級腕時計が欲しいだの、アホなことばかりいう男で、昔から酔うと暴力的になるので苦手なのですが、妹のもうすでに夫ですから仕方がありません(;_;)

ブログができなかった理由のもう一つは、来月挙式する妹のためにウェディングベアーとリングピローを製作中だということも付け加えておきます(間に合うかなぁ・・・不安)。
[PR]
by bluecat | 2005-09-24 09:06 | 日常つれづれ

ついに…完全制覇達成!

c0056014_8441880.jpg

予想以上に長かった道程でしたが達成できました!
\(^O^)/うれしぃ~
[PR]
by bluecat | 2005-09-11 08:44 | 牛乳プリンつれづれ
壇ノ浦前夜の義経妹の能子との文のやりとり云々は途中眠くなってしまったりと、結局はすべて先日放送した、「決戦!壇ノ浦」への序章だったわけですね。
能子を「廊の御方」などと呼んでおりましたが、都落ちしていた当時の呼び方としては不適切では??
彦島の平家の陣にいとも簡単に義経の郎党が忍び入りましたが、あまりにも無用心な・・・(ーー;)これでは源氏に勝てるわけありませぬ。
おまけに、やたらと兄、義経を恋い慕っておりますが、生まれてまもなく生き別れ、しかも彼女はあくまで平家の女人として育っているので、兄妹の感情はあまりもてないと思うのですが・・・。
領子さんにいぢめられているので、そこを強調したいんでしょうか?

ただし、能子役のゴマキは最初は期待薄でしたが、案外時代物似合いますね。稲森常盤に続く新たな発見です。演技もまぁまぁだし。

さて、いよいよ源平最期の戦い、壇ノ浦の合戦です。
[PR]
by bluecat | 2005-09-06 12:24 | 歴史と文学つれづれ

姓名判断やってみました

ketaさんのマネをして、姓名判断をしてみました。
他のでも似たような結果ですが、ちょっと気になる判断が・・・?!

姓名判断

More
[PR]
by bluecat | 2005-09-02 17:21 | 人つれづれ
過去に関係のあった医大生が、エリート外科医になっていたことを偶然にも知ってしまって以来、愚かなことですが、過去の彼との体験がフラッシュバックしてきて、もうとにかく気分が滅入って仕方が無い状態です・・・ダメな私orz

この彼、 頭が良い=いいひと ではないことのまさに権化だったわけで。
最近では「ドクハラ」なるコトバもあるくらいなので、少しは人間的にマシになって、患者さんの病気のために日々精進してくれていることを願ってはいますが。


ひとつだけ、もう時効だと思うので、彼の悪事を少し記しておきましょう・・・。

オンナが複数いながら私とつきあったなんてまだ甘いものです。

彼は、その自分に群がるオンナたちの中の、ある看護婦から、ハルシオンという睡眠薬を横流しし、売っては小遣い稼ぎをしていたのです・・・・!
ハルシオンって睡眠薬は当時、よく発生していた「昏睡強盗」に用いられてましたよね?

地元では他に有名大学が無かったので、医大生はかなり高額な家庭教師のアルバイトができていたにもかかわらず、です。
当時時給でたしか3,000円~5,000円くらいだったかな?これを一日数時間で、何人かの生徒をかけもちすれば、どうです、かなりの金額でしょう?
しかし、この彼、「実家はビンボーだから(たしか親は教師だとか言ってたかな?)」とのたまい、デート代はすべて私もちでした・・・私、バカオンナもいいところでした。。
医大に入らなかったら、フェアレディZを製造する方面に進みたかった、なんてことも言ってたっけ。
ま、今はもっと高級車乗り回してるでしょうが。あ、Zはサイドカーか。


こんな悪魔みたいな医者の卵と少しでも関係があったってことが、私を苦しめるのです。
どうかもう二度と、この彼と会うことなどの無きよう、祈るばかりです。
ビョーキにならないことですかね、とりあえずは・・・(>_<)
[PR]
by bluecat | 2005-09-01 12:55 | 人つれづれ