生きてるだけで精一杯な毎日なんですが、ダメですか?


by bluecat
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:人つれづれ( 56 )

ブルガリ・プールオム

昨日はホワイトデーでした。
ちょうど、浜松のDiorでメイクをしてもらいに行った妹の話によると、
デパ地下はお返しを購入しようとする男性たちで溢れかえっていたそうな・・・ホント?!
私は会社の若い男のコたちからは何もいただけず、おぢさまたちからのささやかなお返しのみ。
いつぞやのように、菓子以外のものなど送られることも無く・・・いや、一人だけあった。

例の、メル友京男から、ホワイトデー当日よりも二日早く届いたブツが。
なんだろー、と期待してはいけない相手にほのかに抱いてしまった期待。
案の定、なんぢゃこりゃ?でした。
緩衝材のプチプチにくるまれた、ブルガリ・プールオムのオードトワレがひとつ、神戸のあんまりおいしくなさそうなお菓子とともに申し訳程度に入っていました。
何ゆえ、このトワレなの?同じものを、以前贈った事があったのですが、テープの色が少し変色しているような気がするので、もしかしてその時私が贈ったものなのかも?!
もしそうなら、いったいどういう意味があるのでしょうか?やっぱ、「アデュー」?
いちおう、お礼のメールは即送っておきましたが、何ゆえブルガリ?の核心には触れていません。ちなみに返事は未だなし。
このところ、メール返信を少々滞らせていたためでしょうか?
ケチケチ京男でも、メル友でなくなるのは少々さびしいのが本音です。

しかし盛り上がらないね、バレンタインデーと比べて!!
[PR]
by bluecat | 2005-03-15 12:01 | 人つれづれ

痴人の愛

私の知り合いの話をまたひとつぞろ・・。

カレ(30代前半、独身)はウチの会社のHPを立ち上げるために、知り合いの市会議員さんの息子さんの友人として知り合いました。○ECのSEということもあって、とっても期待したんですが、なにせ、センスが悪くて
いろんなアイデアを出してもらったのですが、結局、技術的なアドバイスのみにしてもらい、現在も何かと相談に乗ってくれる、よき知人です。
でも。実際にお会いしたのは数回のみで、あとはほとんどカレの私的HPの掲示板でたわいもない会話をしたり、真剣な仕事の話などはメールで、という日々。
実はカレ、百貫デブなんです。しかも、背が低い・・・。ヒトがいいので、女の友人もたくさんいるようですが、結局、便利な友人どまり。
そんなカレの掲示板に、突然現れた女がいるんですよ。

彼女、やはり自分のHPを持ってて、そのHPに自分のカオをさらしてるんですわ・・・。この写真がそうです、どう、美人ちゃんでしょ?自分で言うだけのことはありますわ。
c0056014_1532886.jpgごらんのとおり美人に写ってるもんだから、もう、私の知人は、痴人となってしまい。しかも、彼女の実家が宮崎で、彼女は父親の病気看病、病死をきっかけに宮崎に埼玉から帰ってしまったのですが、この宮崎というのが、なんと痴人のよく出張するところでして。宮崎の話題で盛り上がり(宮崎には美人が多いだの食べ物が美味しいだの)、痴人は宮崎で飲みましょうを何度、掲示板にカキコんでいることか(そうとう誘いまくってます)。

昨夜は私のメールには返事くれてないくせに、彼女の新しく始めたブログにはちゃっかりコメント書き込んでました・・・。宮崎出張帰りにね。

まだ会っていないこの二人ですけど、実際に痴人に会った後のこの宮崎美人さんの対応がちょっと興味あります・・・。
[PR]
by bluecat | 2005-02-17 10:02 | 人つれづれ
私の高校からの友人で、QPちゃんソックリなコがいます・・・と説明すると、とってもかわいいお人形さんのようなイメージをもたれるかもしれませんが、カオは確かにキューピーマヨネーズのQPそのもので愛嬌があるのだけど、その実態は、ジコチューの塊のようなヒトで、ほとほと手を焼いています。
自分の意見だけをマシンガントークするのですが(これが聞くほうはつらいの何の)、突っ込みどころも満載なのがどこか憎めず、彼女をかろうじて嫌われ者という部類から救っているのです。

彼女には変わった趣味があって、それは語学が好きなことから波及する、外国の方がとってもスキだということ。何しろ、大学時代にはドイツに一年ほど留学したくらいのヒトですから。ところが帰国後はドイツではなくなぜか韓国ダイスキになってしまい、日韓共催サッカーワールドカップ以前からハングルを学びだし、サッカーで応援するのもJリーグの試合でも、なぜか韓国人選手ばかりで。韓国人選手の所属するチームとジュビロが対戦する試合は、私のところにチケットがないかと連絡が必ず来たものです。
ホン・ミョンボにユ・サンチョル、パク・チソンにアン・ジョンファンなどにいたるまで、もう好きもスキ、あきれるくらいでした。
試合観戦に誘うと、メインスタンドのジュビロ側ロイヤル席なのに、なぜか試合開始前までは相手チームの練習風景を自慢の一眼レフで激写しまくり。試合中も韓国人選手ばかりを望遠レンズで追い掛け回していました。

ここ数年はものすごい韓流ブームですが、あまりにも一般的になってしまったがために、最近では「韓国?ハングル?もうキョーミないの」なんでのたもうていたQP。
ところが、先日行われた、サッカーワールドカップ最終予選の日本対北朝鮮戦で、在日Jリーガーがやたらメディアに登場していたので、彼女の血が再び騒いだのでしょう、昨日のメールはこうでした・・・

「3/13って、グランパス戦なんだよね!最近注目を浴びたこともあり安英学(アン・ヨンハッ)c0056014_10325938.jpgを応援しようと思っているところなのでbluecatさん試合見に行く予定なら連絡ください☆(σ^▽^)σ☆」

ほんとに朝鮮の方がお好きなようです。だったら、結婚相手も彼らのような立場の方を選べばいいのに・・・「日本人で背が高くて外国に何度も行った事があるヒトぢゃなきゃイヤ」なのだそうです・・・彼女、ドイツ留学以外は外国行った事、無いんですけど・・・。
[PR]
by bluecat | 2005-02-16 10:37 | 人つれづれ
年配の方ほど、喜んでもらえるんですよね、バレンタインデーの贈りものって。
ウチの会社もどちらかというとそんな反応でしたから。

私の友人は東京でOLしてるのですが、確か数年前にはバレンタインにおぢさまにチョコを何気に贈ったら、なんとホワイトデーにはティファニーのベネチアンブレスをいただいたことが。
残念なことに、彼女には私が同じものをバースデーに贈っていたので、購入先の銀座三越のティファニーに赴き、ムリヤリ別のものと交換してもらったとか。
普通は交換なんてしてもらえないそうですよ、念のため・・・。

妹に昔懸想していた、ハゲでチビ、だけどとってもダンディー気取りのおぢさまも、妹にティファニー贈ってましたわ。
おぢさまにとって、ティファニーは若いコが喜ぶお手軽ブランド、って思ってるんですかね?
ティファニーでもシルバーのものなら安価ですけどね・・・高いのは高いんですけど・・・。

京男さんから早速お礼のメールが届きました。今回はこれといったチョコが無かったので、プチボトルのウィスキーにして、いつもの(笑)うなぎパイV.S.O.P.を贈ったんですが、「チョコが無かったのが残念」とのたもうておりました・・・。「贅沢ですな」そのとおり!
[PR]
by bluecat | 2005-02-15 10:30 | 人つれづれ
この悪しき習慣を誰か止めてください・・・。
小さな会社とはいえ、そのほとんどが男性なので今年も壱萬円近く散財です。c0056014_13564654.jpg

毎年、京都のメル友にも送っているのが、「うなぎパイV.S.O.P.」。これはなぜかウケがいいのです。
でも。「東男に京女」と言われる反対に、「京男」というのはよろしくないようで・・・。
谷崎潤一郎の「細雪」に出てくる、婚期を逃した三女にお見合いをさせる相手で、
京男が出てきたのですが、「京都の男は・・・」云々とあまりオススメでないとの一節がありました。
京男の何がいけないのか?それはやはり、「ドケチ」なことかと・・・。
カレだけかもしれませんが、私が贈るモノに対するお返しが、失礼な言い方、かなりショボイ・・・。

グッチのペンダント、ブルガリの香水、ブルガリの携帯ストラップ、なんだかんだ私は贈り物しつづけています。
それは、京都に遊びに行った時に案内してもらいたい、ただそれだけの理由なのですが、なんとかメール交換は続けてかれこれ6年くらい?!
その間、一度しか京都に旅行に行けずじまい。

で、私の贈り物に対する京男のお返しというのが、ランカスターの腕時計を贈ったとき、同じくランカスターを贈ってくれた時が一番まともで、あとはどこでどう買ったのやら?と思われる、革のベルトやら、安っぽいパシュミナ、ダサイジーンズ(あ、コレはタイ土産だったような)、お年寄りが観光地旅行した時に買ってくるようなお土産、そんな類のものから、職場で無料で配られたらしきあぶらとり紙など・・・あぶらとり紙は京都ということもあってか、やたらいただきましたが。そんなにいりません、いくら脂性だからって・・・。


「ヒロシです」のバックミュージック、「ガラスの部屋」を今頃携帯の着信音にしたbluecatでした。
[PR]
by bluecat | 2005-02-14 13:59 | 人つれづれ

プロフィール

遅くなりましたが、私自身のプロフィールを簡単に記そうと思います。

現在静岡県は西部に住んでおります。
学生時代の数年を東京で過ごしたことがあります。

性別は女、歳は平成不況が始まったころ社会人になった、苦労人ということでお察しを。

バブルは高校生のころでしたから、ほとんど恩恵をうけず、女子大生になったころには女子大生ブームはとうに過ぎ去って女子高生に移っていました。
そして未曾有の就職難、おかげで打たれ強くなった感があります。

国文学専攻だったので、文学全般に興味有。ただし、現代文学は少し苦手。
平家物語をこよなく愛するものです。

とりあえず今回はここまで。
[PR]
by bluecat | 2005-02-13 13:44 | 人つれづれ