生きてるだけで精一杯な毎日なんですが、ダメですか?


by bluecat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スカパー加入

Jリーグの中継を観るために加入したのですが、
いっしょになぜか時代劇チャンネルもいっしょに申し込んだため、
一時かなりハマりました。

今は自分が面白い!と思う番組を放送してくれないので、
熱は冷めた感じですが・・・。






ハマった度第三位

「花の乱」

応仁の乱をひきおこした悪女として名高い日野富子の生涯を描いたドラマ。

NHKの大河ドラマとして放送されていたものですが、当時は視聴率が史上最悪だったということで、
たいへん評判が悪かったようですが、
なかなかどうして、出演者は豪華そのものでした。
主演は日野富子に三田佳子、将軍足利義政に市川團十郎で、
興味深いのは、それぞれの青春期を松たか子、現代の光源氏気取り?の市川新之助(現・海老蔵)が
演じていたということ。
足利義政は父子共演だったわけで、松たか子の父の松本幸四郎もまた、
日野富子のこの物語上の実の父親役として出ていたのです。
他にも、山名宗全に萬屋錦之介、若い頃の野村萬斎が細川勝元を演じていました。
MHKさん、この当時はバブリーだったようで、大河にかなりお金をかけていたようです。
衣装も豪華でしたし、合戦のシーンもかなり迫力ありました。
ただ、ストーリーが幻想的で演出もまたそうだったために、
一般受けしなかったのかな?と思いました。


ハマった度第二位

「腕におぼえあり」シリーズ
村上弘明主演の藤沢周平の小説を原作にした、オリジナルストーリー。

藩主暗殺の陰謀を知った青江又八郎が婚約者の父を切るはめになり、
脱藩して江戸で用心棒稼業のかたわら、
藩に戻るために戦う、という話ですが、
村上弘明がまだ若くて、男の魅力が満載でして。
カレを観たいがために必死で観ていました。

(結局、濃い系のオトコが好みみたいです、ワタクシ・・・)

第一作は赤穂浪士の討ち入り話ともリンクさせていて、
かなり面白かったです。
CGを駆使した殺陣、音楽も時代劇っぽくないジャズフュージョンで、
新しい時代劇(十五年位前のドラマです)という感じがよく出ています。
当時もかなりの人気があったようで、続編が続けて二作も作られていましたが、
こちらはちょっと話が冗長ぎみになって蛇足だったかな、という感じです。
相変わらず村上弘明はかっこよかったけど。

これもNHKの時代劇でした。


ハマった度第一位

なんといっても、「風の隼人」!
直木三十五「南国太平記」が原作の、幕末の薩摩藩のお家騒動として有名な、
お由羅騒動がベースになったストーリーです。

薩摩藩江戸勤めの薩摩藩士一家が、
藩を二分する勢力争いに翻弄されていくのですが、
呪詛あり、江戸から大阪から薩摩からと、
奇想天外なストーリー展開で突っ込みどころも多いのですが、
次々に話が変わっていくので、ハラハラドキドキ、
こんなに夢中になったのはここ最近では無かったドラマでした。
主演は若い頃の勝野洋。
注目すべきは若くして無くなった夏目雅子が出ています。
その妹役は今は二時間ドラマで活躍中の名取裕子が出ています。
ビックリなのが、西田敏行が二枚目役なんですよ。
昔は二枚目も演じていたんですね、釣りバカのハマちゃんも!

そうそう、このドラマもNHKの時代劇だったんです。
三十年位前のものですけどね。

いや~、なかなかNHKの時代劇って優秀な作品が多いです。
現在放送中のものも先日観たのですが、続きを観たいと思わせます。



最近はコレといった番組を時代劇チャンネルが放送してくれないのが残念です。
なんか面白い時代劇ないかな~?!
[PR]
by bluecat | 2007-10-30 12:29 | 歴史と文学つれづれ