生きてるだけで精一杯な毎日なんですが、ダメですか?


by bluecat
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

復活!QP最強伝説・・・干支にこだわる女!

やや、半年近くご無沙汰していましたが、潜伏活動?は続けておりました。
私のライフワークともなった??紹介話をばまずご披露いたしまする。


ちょうど一年前、数年前突如私の前から姿を消した元GS店長の彼がふたたび現れ、
いろいろ話をしたとき、
真っ先に彼に頼んだのが、今の転職先の会社の男性たちと、私の友人との紹介の件でした。



彼の転職先は浜松ではかなり成長株の、
ジャスダックに上場までもうすぐというFという会社なので、
エリート好みの私の友人たちにはうってつけかも!と
即座に考えたのでしたが、、、

紹介が一年を経てようやく実現の運びになりました。

元彼は、既婚者で子持ちで週末は子供のサッカーや(審判をしているらしい)、
地元の祭りの準備、
さらには子供のPTAの副会長にまで今年からやっていて、
これら、家族的行事のために一切時間は作ってくれないので、
紹介の話も、延び延びになっていたのですが、
いいかげん話をすすめようと、私も必死で連絡をとって、元彼、彼の会社の人、
私、私の友人の四人で会うことになりました。
元彼の個人的な都合のために、なんと平日の夜、浜松で。
普通は週末の夜とか、土曜日の昼間とかだと思うのですが・・・。
そこまで家族を大事にしていた彼と、昔、いろんなコトしちゃって、
なんてバカ女だったんでしょ、私。

・・・それはさておき。
紹介するのは、以前でも傍若無人な態度で私をつねに悩ませてくれた、
例の、自己中女のQP。
なぜ紹介を一度はやめたQPに話をもちかけたか?というと、
ダンサー&すんほんおっぱが、自分が紹介を断ったばかりに?
華燭の典と相成ったため、「しまった・・・」と思ったのかもしれません(爆)。
会うだけでも会っていれば、また違った展開になったかもしれないのですから、
さすがのQPも焦ったのでしょう。

さて、平日の火曜日の夜、浜松の駅前で待ち合わせしました。
紹介してくれる男性が車を出して、元彼と二人で迎えにきてくれることになっていました。
友人QPと迎えに来てくれた、シルバーのアルファードに乗り込むと、
な、なんと・・・。
華奢な元彼とは似ても似つかない大男が運転席に乗っていました・・・。
浜松の街中のとあるカフェで軽食を取りながら話をすることに。
大男さんは、元柔道部ということもあり、事前の情報により、身長180センチというのは
判っていたのですが、恰幅も良すぎでした。
95㎏超級でした・・・。
太りすぎで死ぬといわれて、去年の夏から禁煙しているとのこと。
歳は私たちより二つ上なので、世代が同じで浜松で高校生活を送った経験があるので、
話は盛り上がりました。
今年40歳の元彼は話にはあまりついていけていませんでした。
元彼が「世代が違うから、話がついていけないよ」と言ったら、
QPがすかさず、「いくつなんですか?」ってイケメンに喰いつきました。
元彼が「40(歳)になるよ」って答えたら、間髪いれずにQP、
「未(年)ですね」だって・・・!!
みなさん、同い年ならまだしも、
今年40歳の人が未年だって即答できます???
ああ、QPは以前、
「家族に巳・寅・申がいるから、それ以外を希望」
ってのたまっていたっけ・・・。

大男は顔もQP曰く「梅沢富美男みたい」なので、
美男とも言い難く、趣味もインドア派のQPに対し、
大男は体躯に似合わず、何でもスポーツをする人らしく、
アウトドア派で間逆のうえ、
車でどこでも出かけるタイプの大男に対し、
QPは車酔いするので公共交通機関利用派である、とまあ、
およそ話は平行線で時間ばかりが経過しました。
帰りも家の近くまで送るという大男の好意も断り、
せいぜい駅一つ分だけ送らせて終わりました。
帰りに元彼曰く、「変わってるよね」と。
たぶん、自分の年を言ったら、即答で干支を言ったからに違いありません。
私も否定できず。確かに変。

しかし、大男と元彼は、元彼の子供たちとも会社のスキーに行ったりと、
家族ぐるみのお付き合いをしているようで、
まだ彼のことを引きずっている私としては少々辛いものがありました・・・。
QPの干支の話のおかげで、ほかにも知りたくないことを知ってしまいました。
元彼の子供たちの年、学年は二年違うけど、一人が早生まれだから
丑年寅年の年子だとか。
そういえば9年前の寅年に彼と知り合ったんだっけ。
翌年危うく彼の・・・。
いや、死んだ×××の年を数えてはいけませんね。
彼はこのこと、いまだに知りません。


QPからは、紹介したその夜にさっそくメールが届き、
話が合わないからとお断りされました。
そりゃあそうでしょ、ジョニー・デップ好きなQPでは、
とうていあの大男さんでは。。。
でも大男さんは私と元彼の関係も知らないみたいなので、
なんでも話してくれるし、話も上手だし、
出世は間違いなしらしいし(これは元彼談)、
もったいない?ので、まだまだ紹介してあげようと思います。
でももし付き合うことになって、結婚とかとなると、
私がつらいので、できるだけ友人のまた友人とか、
ちょっと遠い関係で探そうと思っています。
[PR]
by bluecat | 2007-10-26 14:52 | 人つれづれ