生きてるだけで精一杯な毎日なんですが、ダメですか?


by bluecat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「大和魂」はあったのか?・・・日本代表、終戦。

眠い目こすりこすり早朝の最終戦(ほんとに最終になってしまいました)、
日本対ブラジル戦をテレビ観戦しました。

前半は攻め込まれてはいたものの、眠れる怪物ロナウドも若干まだ眠っていたようで、
GK川口もなんどもシュートをセーブして失点を防いでいました。
(でもシュート打たれてたんだよね・・・)

スタメンのFWはここにきてやっと登場!の巻と玉田。
オオグロ・マキだとばかり思っていたのですが。
これで点は取れるのか?!



やっと日本代表FWとして今大会初めてのゴールが玉田の左足で豪快に決まりました。
もしかして、イケるかも?と一瞬思わせる、見事なゴールでした。

しかし・・・。

これで目覚めたブラジルが、猛攻をしかけてきました。
なんとか前半を1点ビハインドで折り返せるかと思ったロスタイム。
ついに眠れる怪物が目覚めて牙を剥き出しました。

後半は一方的な展開。

強烈ミドルで逆転され、それからはほとんど「大人と子供」のサッカーに・・・orz

日本は逆転されて、小笠原out→中田浩二in?
あ、中田ヒデを小笠原のかわりに上げるのかな?
しかしほんとのジーコマジック炸裂はこの後!

巻out→高原in

はぁ?!また高原ですかぁ~?!
さすがに柳沢ではなかったものの、巻は残しても良かったでしょ?
悪く無かったよ、巻は。
それに交代して入れるなら大黒でしょ~?!

圧巻はこの5分後、高原負傷で結局大黒と交代。
なんてツキの無い男なんでしょ、高原って・・・orz

新たなFW投入後もしかし、日本は得点は奪えないまま、
とうとうブラジルに4点目が入ってしまいます。
完全に舐めきられてると感じたのは、ブラジルがこの後、GKまでも交代した時。

日本戦はブラジルにとって、単なる控え組の
テストマッチに成り下がってしまったのでした(>_<)


ブラジルに勝たなければならない状況に第三戦になってしまったことが、
そもそも失敗だったわけで。


日本はそのまま、4-1と大差で惨敗したのでした。
前半飛ばしていた分、後半のこり20分でもう足が動かなくなった日本代表。
サムライと日本代表を標榜していたのなら、死ぬ気で最後まで戦ってもらいたかった。

日本代表、かく戦えり、なんてとてもいえないほど情けない結果。
予想されたことだけど(悪くて三戦全敗、せいぜい二敗一分)。
悪いほうの結果ですって。


試合後、中田ヒデがピッチに仰向けに倒れたまま、しばらく起き上がろうとしなかったのが
印象的でした・・・チームの不甲斐なさ、自分自身の力不足を嘆いているかのような。
中田ヒデはイチローにはなれなかった瞬間でした。


追記・・・
W杯では1勝もできなかったこの日本代表の監督をはじめ、選手たちに、
さっそく欧州などからオファーが来ているとか・・・ホントに?!
宮本とか中澤、そしてジーコ監督にまで!
結局そのためのパフォーマンスですかね、日本代表のW杯の試合なんて<`~´>
[PR]
by bluecat | 2006-06-23 09:32 | サッカーつれづれ