生きてるだけで精一杯な毎日なんですが、ダメですか?


by bluecat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日本VSオーストラリア戦でジーコマジック炸裂・・・想像以上の大敗。

予想された結果ではあるのものの、これほどまでの大敗を喫するとは!
というのが、私の正直な感想。

勝てるのは難しいとは思っていたので。





キックオフと同時に、両代表チームのボールタッチを見てすぐに、
「レベルが違う・・・」と見切ってしまいましたorz

日本の自慢の早いパス回しなんて、ほとんどさせてもらえてなかったですから・・・。

あいかわらず決定力の無いFWを二人トップに据えてるし。
案の定、一点もモノにできなかったでしょ?

運良く、俊輔の蹴ったボールがうまくゴールに入ってくれたけど、
あれも、主審がバカもとい、高原のファウルをとらなかったという
ラッキーに助けられただけ。
下手すると、キーパーチャージでゴール取り消しだったかも?

その後も何度か、まともな得点ができるチャンスはあったのに、
誰一人として得点できない。
ニホンのFWってチャンスを潰すために前線に置いてるのか?!と思えるほど。

後半になると、ヒディングは勝つために攻撃的な選手を次々と投入してくる。
的確な戦術的交代。
一方、我らがジーコの交代はというと、FWを下げて小野。
ま、調子も良くない、点も取れないヘナギもとい柳沢を下げるのは正しいと思うけど、
守りに入ったとたんに失点。
これまでのGK川口の神懸り的スーパーセーブも失点してはすべて水の泡・・・。

同点になった後もジーコはなすすべも無く、そのまま逆転されて、
ようやく大黒を呼んだけど、それもDFとの交代で・・・高原下げるべきでしょ?
タカハラ、あの似合わないトサカやめろ!
逆モヒカンに刈っちまうぞ!!<`~´>

・・・大黒といえども、ロスタイムの3分でなにができるっていうんでしょう?!
最後の最後でダメ押しの3点目を入れられ、ジ・エンド。

日本代表は、自らの実力を過信していたのではないでしょうか?
オーストラリア代表は、カラダが大きいだけのでくの坊ではありませんでした。
得点能力の高い、おそらくはニホンよりは良いチームでした・・・。

負けるのは仕方が無いとしても、これほどまでの大敗とは!
あまりにも情けなさ過ぎて、
怒りすら感じてしまうのですが・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
大和魂なんて、今のニホン人にはこんな程度のものなんでしょうねぇ・・・。
残り試合は死に物狂いで戦ってもらいたいものです。
[PR]
by bluecat | 2006-06-13 08:26 | サッカーつれづれ