生きてるだけで精一杯な毎日なんですが、ダメですか?


by bluecat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

そして介護の日々が始まりました・・・

介護といっても、老ネコのね(>_<)

うちのサンシロウは、入院二日目は自分から食事ができたものの、
三日目は食べなくなり、そしたら四日目は口元に指で持っていくと食べるようになって、
昨日とりあえずの退院となりました。

昼間は元気なく、砂糖水だけはスポイトで飲んでくれましたが、
食事はちっとも食べません。

目は常に半開きのまま、横たわっています。
しっぽや足はそれぞれは動きます。
ニャーニャーと啼きはしますが、感情がこもっていません。


容態としては、脳梗塞を患ったあとの後遺症を
想像していただけると、近いかもしれません。
おそらく、高齢だったサンシロウは、脳梗塞みたいな病気を
嘔吐後に引き起こしたのでしょう。


夜になって、鳴き声が大きくなって起き上がったので、
寝床の箱から出たいのかな?と思ったら、
どうやらトイレに行きたかったみたいで・・・。
でも。後ろ足が立たないので、自力でトイレまで行くことができないのです。
その場でしてしまうしかないのが、本人も啼いて啼いて辛そうで・・・。

そんなサンシロウをみていると、あのまま逝かせてしまったほうが、
幸せだったのではないか、とも思えてきたり、
いや、いちおう命助かっているのだから、最期まで面倒見てあげないと!
と思い返したり、その自問自答の繰り返しです。
まだ、小さいカラダのネコなので、世話もしやすいほうかもしれません。
大型犬や、人間の介護をしている方はほんとうにタイヘンだと思いました。
[PR]
by bluecat | 2006-02-18 11:37 | 日常つれづれ